武市瑞山墓 - 武士としての誇りと、藩主に対する忠誠の間で
■ 名 前 ■ 投 稿 記 事
 土佐勤王党

 血盟署名順
盟主 ■ 武市瑞山(半平太) ・武市半平太旧宅 - 武市半平太
・瑞山神社 - 武市瑞山
・国指定の「史蹟」・瑞山の墓所 - 武市瑞山
・殉節之碑 - 武市瑞山
・武市半平太の像 - 黒潮の海を見下ろして建つ
・武市半平太邸・道場跡
・武市瑞山墓 - 武士としての誇りと、藩主に対する忠誠の間で
・武市瑞山寓居跡 【京都府】
・桃井春蔵道場・士学館跡 - 武市半平太が塾頭を務める 【東京都】
・江戸・土佐藩中屋敷跡 - 武市半平太・大石弥太郎らと同宿  【東京都】
小笠原保馬 - 土佐勤王党に8番目に加盟、母は武市瑞山の姉・美多
・野根山二十三烈士殉節の地 - 藩は一度の取り調べもせず極刑に処す
・野根山二十三烈士の墓 - 武市瑞山の釈放を求め刑場の露と消える
・上村貞保 - 武市半平太とも交わった勤王家
・藤戸億羅 - 俳人で武市瑞山の妻・富さんの晩年の診察にあたった医師
2  ■ 大石弥太郎(圓)  ・大石弥太郎生家跡 - 土佐勤王党に2番目に加盟
・大石弥太郎 - 武市瑞山らの赦免を同志と共に藩庁に歎願するも叶わず
・徳永千規 - 門下に武市瑞山・大石弥太郎・坂崎紫瀾・西山志澄がいる
・鹿持雅澄生誕地・邸跡 - 妻は武市半平太の叔母
・会津若松西軍墓地 1 - 会津戦争で亡くなった土佐藩兵49名が眠る
・嶺南社香長学校跡 - 元・土佐勤王党の池知退蔵・大石円 ・森新太郎らが創る
3 ■ 島村衛吉 ・島村衛吉墓と碑 - 土佐勤王党弾圧で拷問により獄中死
・山田町獄舎 - 土佐勤王党と薫的和尚に関わる
・徳永千規 - 門下に武市瑞山・大石弥太郎・坂崎紫瀾・西山志澄がいる 
4 ■ 間崎哲馬 ・高岡郡奉行所跡・文武館跡 - 間崎哲馬も、下役として一時期在勤
・間崎滄浪(哲馬)邸跡 - 青蓮院宮令旨事件で投獄
・山田町獄舎 - 土佐勤王党と薫的和尚に関わる
・間崎哲馬(滄浪)の墓
・古谷竹原先生邸跡 - 須崎の文人で鹿持雅澄や間崎哲馬とも親交を持つ
5 ■ 門田為之助 ・門田為之助墓 - 土佐勤王党に5番目に加盟
・門田利實墓 - 土佐に一弦琴を伝えた人で、門田為之助の父
6 ■ 柳井健次 ・柳井健次墓 - 土佐勤王党に6番目に加盟
7 ■ 河野万寿弥(河野敏鎌) ・河野敏鎌生誕地 - 龍馬脱藩の際、朝倉村まで見送り
・河野敏鎌 - 坂本龍馬とも交友のがあった  【東京都】
・河野万寿弥(敏鎌) - 土佐勤王党に7番目に加盟
8  ■ 小笠原保馬  小笠原保馬 - 土佐勤王党に8番目に加盟、母は武市瑞山の姉・美多
・武市瑞山墓 - 武士としての誇りと、藩主に対する忠誠の間で 
・会津若松西軍墓地 1 - 会津戦争で亡くなった土佐藩兵49名が眠る
9 ■ 坂本龍馬 ・坂本龍馬|飛騰の地
10 ■ 岡本恒之助
11 ■ 川原塚茂太郎 ・須崎湾 - 坂本龍馬、生涯で二度須崎湾に入港
・坂本権平直方妻墓(坂本千野) - 龍馬の兄嫁
12 ■ 上田楠次
13 ■ 広瀬健太 ・広瀬健太生誕地・邸跡 - 青蓮院宮令旨事件で投獄
・弘瀬健太の墓  
14 ■ 多田哲馬
15 ■ 曽和伝左衛門 ・依岡権吉 - 土佐勤王党に31番目に加盟
16 ■ 島本審次郎(仲道) ・武市瑞山墓 - 武士としての誇りと、藩主に対する忠誠の間で
島本仲道 - 土佐勤王党に16番目に加盟 【東京都】
17 ■ 中岡光次(慎太郎) ・中岡慎太郎遺髪墓 - 慶応3年京都近江屋にて坂本龍馬と共に暗殺される
・中岡慎太郎像 - 桂浜の坂本龍馬像と同じ本山白雲が制作
・中岡兼 - 中岡慎太郎の妻
・坂本龍馬・中岡慎太郎之墓 【京都府】 
・中岡慎太郎寓居跡 - この店の息子が峰吉 【京都府】
・高松順蔵邸跡 - 坂本龍馬の長姉・千鶴さんの嫁ぎ先
・中岡慎太郎生家跡 - 復元され高知県と北川村の指定文化財に
・中岡慎太郎先祖居住の地碑 - 上倉の庄屋を務める
・中岡慎太郎像 - 平成11年、生誕160年を機に建立される
18 ■ 島村寿之助 ・島村寿之助 - 土佐勤王党に18番目に加盟し、武市半平太の参謀役
・島村甲胃次壽椿 - 土佐勤王党・島村寿之助の嫡男
・島村衛吉墓と碑 - 土佐勤王党弾圧で拷問により獄中死
・山本家墓所 4 - 山本代七夫妻(龍馬の父方の従兄弟夫妻)
・武市半平太邸跡(道場跡)
・武市瑞山・殉節之碑 - 吉田東洋暗殺への関与は誰も認めず!
・田所左右次 - 土佐藩の砲術家で土佐勤王党にも参加
・服部東蔵の父の墓 - 服部東蔵は土佐勤王党に166番目に加盟
・一瀬孫之進 - 土佐勤王党に186番目に加盟した一瀬源兵衛の父
19 ■ 吉井茂市(之光) ・吉井茂市墓 - 土佐勤王党に19番目に加盟
20 ■ 望月清平 ・望月亀弥太邸跡 - 池田屋事件に遭遇
・望月亀弥太墓 - 龍馬の蝦夷開拓の夢の前に、池田屋騒動で自刀
・望月團右衛門眞澄墓 - 望月清平さん・亀弥太のお父さん
・近江屋跡 - 坂本龍馬・中岡慎太郎遭難之地
21 ■ 土方楠左衛門(久元) ・土方久元邸跡 - 土佐勤王党に21番目に血盟 
・土方楠左衛門墓 - 薩長同盟の立役者の一人 【東京都】 
・坂本龍馬彰勲碑 - 桂浜で坂本龍馬像と共に観て欲しい石碑
22 ■ 小畑孫三郎 ・小畑孫三郎 - 土佐勤王党に22番目に加盟
・山田町獄舎 - 土佐勤王党と薫的和尚に関わる 
・小畑美稲(孫次郎) - 土佐勤王党に145番目に加盟 【東京都】 
・河野敏鎌生誕地 - 龍馬脱藩の際、朝倉村まで見送り
23 ■ 安岡実之丞
24  ■ 島村寿太郎  ・島村寿之助 - 土佐勤王党に18番目に加盟し、武市半平太の参謀役
・島村衛吉墓と碑 - 土佐勤王党弾圧で拷問により獄中死
・一瀬孫之進 - 土佐勤王党に186番目に加盟した一瀬源兵衛の父
・武市瑞山墓 - 武士としての誇りと、藩主に対する忠誠の間で
・五十嵐文吉 - 武市瑞山は師と慕い、投獄後の前後処理を託される
・会津若松西軍墓地 1 - 会津戦争で亡くなった土佐藩兵49名が眠る
25 ■ 吉本善吉
26 ■ 高橋牛之助
27 ■ 鎌田菊馬
28 ■ 吉田省馬
29 ■ 山本三治(桑津一兵衛) ・山本家墓所 5 - 桑津一兵衛 = 山本三治(坂本龍馬と従兄弟半)
・山本家墓所 4 - 山本代七夫妻(龍馬の父方の従兄弟夫妻)
・山本家墓所 3 - 山本新四郎夫妻(坂本龍馬の父・坂本八平の兄夫妻)
・山本家墓所 2 - 山本覚右衛門墓(龍馬のおじいちゃん)
・山本家墓所 1 - 坂本龍馬の父・坂本八平さんの実家・先祖代々の墓所
・山本琢磨 - 琢磨は龍馬と半平太と親戚関係 
・沢辺琢磨 - 「八重の桜」山本八重の夫となる新島襄とも接点がある
・函館ハリストス正教会 - 坂本龍馬に助けられた命の行方
30 ■ 石川喜久馬(義秀)
31 ■ 依岡権吉 ・依岡権吉 - 土佐勤王党に31番目に加盟
・武市半平太邸・道場跡
・奥宮慥斎 - 門人たちに尊王の大義を鼓吹する
・徳永千規 - 門下に武市瑞山・大石弥太郎・坂崎紫瀾・西山志澄がいる 
32  ■ 宮田頼吉  ・野根山二十三烈士殉節の地 - 藩は一度の取り調べもせず極刑に処す
・野根山二十三烈士の墓 - 武市瑞山の釈放を求め刑場の露と消える  
33 ■ 森脇唯次郎 ・森脇唯次郎 - 土佐勤王党に33番目に加盟
・修立社跡 - 自由民権運動の中心・立志社の下部組織の一つ
34 ■ 千屋寅之助(菅野覚兵衛) ・菅野覚兵衛・起美 - 妻は「お龍」さんの妹ですき、龍馬とは義理の兄弟  【東京都】
・千屋家邸跡 - 龍馬の義弟・千屋寅之助(菅野覚兵衛)の生家跡
・維新の志士顕彰碑 - 和食出身の勤王の志士たち
・お龍・君江 姉妹像 - 和食・琴ヶ浜
・お龍君枝姉妹像 - 芸西村は妹・君江の嫁ぎ先、千屋寅之助の故郷
・千屋家墓所 - お龍の妹・君江が嫁いだ菅野覚兵衛の親族の墓
35 ■ 濵田清藏正敏 ・濵田清藏正敏 - 土佐勤王党に35番目に加盟
36 ■ 仲彦太郎
37 ■ 田所壮輔(谷島次郎) ・田所左右次 - 土佐藩の砲術家で土佐勤王党にも参加
38 ■ 岩崎馬之助 ・会津若松西軍墓地 1 - 会津戦争で亡くなった土佐藩兵49名が眠る
39 ■ 檜垣清治 ・檜垣清治(直枝) - 土佐勤王党には39番目に加盟 【東京都】
40 ■ 村上保次(村上保二郎)
41 ■ 藤本駿馬
42 ■ 千頭嘉源次
43 ■ 大利鼎吉 ・伊藤甲之助 - 土佐勤王党に68番目に加盟
44 ■ 宮崎勝蔵
45 ■ 北代忠吉 ・菅野覚兵衛・起美 - 妻は「お龍」さんの妹ですき、龍馬とは義理の兄弟  【東京都】
46 ■ 三瀬深造(木村弁之進)
47 ■ 村田忠三郎 ・村田忠三郎 - 土佐勤王党の獄で山田橋獄舎に投獄される
・村田忠三郎顕彰碑 - 土佐勤王党に47番目に加盟
・村田忠三郎邸 - 井上佐一郎殺害を自白し死罪
・村田馬太郎 - 土佐勤王党に97番目に加盟
・観音の馬場 - 村田馬太郎・忠三郎兄弟屋敷裏山の弓道的場と馬場跡
48 ■ 田所助次郎 ・阿部駒吉 - 戊辰東征・土佐藩迅衝三番隊に参加し会津若松戦で戦死
49 ■ 小畑五郎馬(敏行) ・小畑孫三郎 - 土佐勤王党に22番目に加盟
・小畑美稲(孫次郎) - 土佐勤王党に145番目に加盟 【東京都】  
50 ■ 池田卯三郎(義道)
51 ■ 島地磯吉
52 ■ 吉松恒吉
53 ■ 野々村庄吉
54 ■ 沖野平吉
55 ■ 尾崎幸之進 ・尾崎幸之進邸跡 - 忠勇隊に参加し禁門の変で散る
・尾崎幸之進墓 - 土佐勤王党に55番目に加盟
56 ■ 田所荘之助 ・田所荘之助愛敬 - 土佐勤王党に56番目に加盟
57 ■ 志和寅之助
58 ■ 岡田登稔(啓吉) ・岡田登稔(啓吉) - 土佐勤王党には58番目に加盟・岡田以蔵の実弟
・岡田以蔵の墓 - 数奇な生涯 
59  ■ 小松小太郎(熊市)  ・小松小太郎 - 龍馬の指示で北添佶摩らと蝦夷に渡るが函館で病死
・能勢達太郎生誕地碑 - 禁門の変では敗れ天王山で自刃 
60 ■ 伊藤四十吉
61 ■ 土居佐之助 ・池田糸(以登)墓 - 平井収二郎・加尾の叔母さん
・大和殉難烈士之碑 - 維新の礎・天誅組壊滅
・土居佐之助墓 - 平井収二郎・加尾の従兄弟
・池田忠三郎 - 平井収二郎・加尾の従兄弟
・長寿院西軍墓地 2 - 故郷遠き白河に眠る土佐藩兵18名
・池田陽三郎 - 平井収二郎・加尾の従兄弟
・会津若松西軍墓地 2 - 故郷遠き会津若松に眠る土佐藩兵49名
62  ■ 中島与市(与一郎) ・中島與一郎 - 戊辰戦争・ 母成峠の戦いで落命
・中島與一郎 - 土佐勤王党に62番目に加盟、会津母成峠で戦死
63 ■ 安岡覚馬 ・安岡覚馬 - 土佐勤王党に63番目に加盟
64 ■ 山本四郎 ・山本喜三之進 - 土佐勤王党に156番目に加盟
65 ■ 山本兼馬
66 ■ 田口文良 ・田口文良墓 - 龍馬の志を受け継いだ一人
67 ■ 岡野佐五郎
68 ■ 伊藤甲之助 ・伊藤義強 - 子孫は勤王家としても活躍する 
・伊藤和兌 - 武市半平太や五十嵐文吉らと交わり国事に尽力
・伊藤甲之助 - 土佐勤王党に68番目に加盟
69 ■ 田岡祐吾 ・田岡祐吾 - 土佐勤王党に69番目に加盟
70 ■ 平石六五郎
71 ■ 西山直次郎(志澄) ・西山志澄・加尾 - 西山志澄は土佐勤王党に71番目に加盟 【東京都】
・徳永千規 - 門下に武市瑞山・大石弥太郎・坂崎紫瀾・西山志澄がいる
72 ■ 小川平馬
73 ■ 楠本文吉
74 ■ 岡崎山三郎
75  ■ 上田官吉  ・上田官吉正秋 - 土佐勤王党に75番目に加盟、会津城攻めで戦死
・会津若松西軍墓地 2 - 故郷遠き会津若松に眠る土佐藩兵49名 
76 ■ 中城益次郎
77 ■ 石川潤次郎 ・池田屋騒動之址
・北添佶磨記念碑 - 新撰組に襲われ池田屋騒動で散る
・望月亀弥太墓 - 龍馬の蝦夷開拓の夢の前に、池田屋騒動で自刀
78 ■ 佐井松次郎
79 ■ 板垣寛之助
80 ■ 島村源八
81 ■ 中沢安馬
82 ■ 南部展衛 ・南部静斎 - 長男は土佐勤皇党・南部展衛
83 ■ 千頭小太郎
84 ■ 宮川助五郎 ・安藤鎌次 - 三条制札事件で深手を負い自刃
・田内秀弘(刀鍛・佐行秀の弟子) - 宮川助五郎の使用した刀で知られる
85 ■ 粟井兎之助
86 ■ 白石馬之助
87  ■ 秋沢清吉  ・秋澤貞之 - 土佐勤王党に87番目に加盟
・近衛兵之碑 - 薩長土の三藩で兵を出す
・徳弘董斎邸跡 - 龍馬の高嶋流砲術の師匠
・会津若松西軍墓地 1 - 会津戦争で亡くなった土佐藩兵49名が眠る
88 ■ 安岡権馬 ・安岡覚馬 - 土佐勤王党に63番目に加盟
89  ■ 矢野川龍右衛門 ・龍右衛門桜(仮称) - 勤王党・矢野川龍右衛門の子供達が植えた山桜
・龍右衛門桜(仮称) - 土佐勤王党・矢野川龍右衛門の墓前に建つ
90 ■ 尾崎源八 ・尾崎源八 - 土佐勤王党に90番目に加盟 【東京都】
91 ■ 浜田良作
92 ■ 田内衛吉 ・田内衛吉墓 - 土佐勤王党には92番目に加盟
・山田町獄舎 - 土佐勤王党と薫的和尚に関わる
・田内衛吉の墓 - 井上佐一郎暗殺に関与し、獄中服毒死
・武市半平太旧宅 - 武市半平太 
93 ■ 深瀬哲馬
94 ■ 吉永良吉
95 ■ 三宅謙四郎
96 ■ 田中作吾
97  ■ 村田右馬太郎(帰本) ・村田馬太郎 - 土佐勤王党に97番目に加盟
・村田忠三郎顕彰碑 - 土佐勤王党に47番目に加盟
・観音の馬場 - 村田馬太郎・忠三郎兄弟屋敷裏山の弓道的場と馬場跡
98 ■ 村田角吾(貞宜) ・村田角吾 - 土佐勤王党に98番目に加盟
99 ■ 公文藤三 ・平井善之丞 - 土佐勤王党の武市瑞山に好意的に協力
100 ■ 武政左喜馬 ・武政左喜馬 - 土佐勤王党に100番目に加盟
101 ■ 中村恵三郎 ・僧・智隆墓(法印 祐如) - ある時は土佐勤王党・観音寺智隆
102 ■ 中平菊馬
103 ■ 長尾省吾 ・長尾省吾行直 - 土佐勤王党に103番目に加盟
・平井善之丞 - 土佐勤王党の武市瑞山に好意的に協力
104 ■ 観音寺智隆 ・僧・智隆墓(法印 祐如) - ある時は土佐勤王党・観音寺智隆
・寳永津浪溺死の塚
・寳永津浪溺死之塚 - 碑文は古屋竹原、願主は発生寺住職・智隆和尚
105 ■ 山崎喜蔵 ・田所左右次 - 土佐藩の砲術家で土佐勤王党にも参加
106 ■ 千屋菊次郎 ・維新の志士顕彰碑 - 和食出身の勤王の志士たち
・千屋家邸跡 - 龍馬の義弟・千屋寅之助(菅野覚兵衛)の生家跡
・菅野覚兵衛・起美 - 妻は「お龍」さんの妹ですき、龍馬とは義理の兄弟
・能勢達太郎生誕地碑 - 禁門の変では敗れ天王山で自刃
107 ■ 今橋権助 ・一宮忠霊塔に刻まれた霊名 - 大石俐左衛門・坂本瀬平・小松重保
108 ■ 千屋金策 ・井原應輔 - 土佐勤王党に132番目に加盟
・維新の志士顕彰碑 - 和食出身の勤王の志士たち
・千屋家邸跡 - 龍馬の義弟・千屋寅之助(菅野覚兵衛)の生家跡
・菅野覚兵衛・起美 - 妻は「お龍」さんの妹ですき、龍馬とは義理の兄弟 
・島浪間義親墓 - 天誅組に参加・先祖は長宗我部一族
109 ■ 谷脇清馬(修彜)
110 ■ 高橋俊助
111 ■ 片岡左太郎
112 ■ 海路十寸吉
113 ■ 戸梶直四郎 ・北添佶磨記念碑 - 新撰組に襲われ池田屋騒動で散る
114 ■ 竹村猪之助
115 ■ 山崎広馬
116 ■ 片岡盛蔵
117 ■ 北添佶磨 ・北添佶磨邸跡と誕生地碑 - 龍馬と蝦夷地開拓の話を・・・
・北添佶磨記念碑 - 新撰組に襲われ池田屋騒動で散る
・小松小太郎 - 龍馬の指示で北添佶摩らと蝦夷に渡るが函館で病死 
・望月亀弥太墓 - 龍馬の蝦夷開拓の夢の前に、池田屋騒動で自刀 
・池田屋騒動之址
118 ■ 江口参太
119 ■ 中村左右馬
120 ■ 片岡団四郎
121 ■ 中平喜之助
122 ■ 中平大治 ・吉村虎太郎の銅像
123 ■ 市川長三郎
124 ■ 今橋武之助
125 ■ 西田可蔵 ・北添佶磨邸跡と誕生地碑 - 龍馬と蝦夷地開拓の話を・・・
・北添佶磨記念碑 - 新撰組に襲われ池田屋騒動で散る
126  ■ 近藤亀弥  ・田所左右次 - 土佐藩の砲術家で土佐勤王党にも参加
・野根山二十三烈士の墓 - 武市瑞山の釈放を求め刑場の露と消える 
・野根山二十三烈士殉節の地 - 藩は一度の取り調べもせず極刑に処す
127  ■ 宮田節斎  ・野根山二十三烈士殉節の地 - 藩は一度の取り調べもせず極刑に処す
・野根山二十三烈士の墓 - 武市瑞山の釈放を求め刑場の露と消える  
・宮田節斎 - 土佐勤王党に127番目に加盟・野根山二十三志士の一人
128 ■ 和食牛馬
129  ■ 安岡斧太郎  ・大和殉難烈士之碑 - 維新の礎・天誅組壊滅
・田所左右次 - 土佐藩の砲術家で土佐勤王党にも参加 
・北添佶磨記念碑 - 新撰組に襲われ池田屋騒動で散る
・小松小太郎 - 龍馬の指示で北添佶摩らと蝦夷に渡るが函館で病死
・高松順蔵邸跡 - 坂本龍馬の長姉・千鶴さんの嫁ぎ先 
130 ■ 上田蜂馬
131 ■ 川久保健次
132   ■ 井原応輔   ・井原應輔 - 土佐勤王党に132番目に加盟
・島浪間義親墓 - 天誅組に参加・先祖は長宗我部一族  
・赤土峠 - 佐川勤王五士達の「脱藩志士集合之地」碑 
133  ■ 浜田辰弥(田中光顕)  ・中岡慎太郎像 - 桂浜の坂本龍馬像と同じ本山白雲が制作
・田中光顕墓 - 土佐勤王党の生き残った一人で宮内大臣などを歴任 【東京都】
・お龍 - 贈正四位阪本龍馬妻龍子として眠る 【神奈川】
・忠魂護皇基之碑 - 龍馬の名が国威発揚の為に利用された
・田中光顕邸跡 - 勤王屋敷跡
・南海忠烈碑 - 土佐勤王党の功績を讃え
・田中光顕墓 - 中岡慎太郎亡き後の陸援隊を率いた一人
・武市瑞山・富子の墓
・長宗我部氏岡豊城址之碑 - 題字は田中光顕
・赤土峠 - 佐川勤王五士達の「脱藩志士集合之地」碑
・田中光顕 - 潮江天満宮の玉垣にも名が残る
・野中兼山 - 野中兼山一族の墓所
134  ■ 岩神主一郎  ・岩神主一郎 - 土佐勤王党に134番目に加盟 【東京都】
・武市半平太邸・道場跡 
・古沢迂郎 - 土佐勤王党に138番目に加盟
135 ■ 鳥羽謙三郎
136 ■ 下方弥三郎
137 ■ 中山刺撃(棚橋御樹) ・中山刺撃 - 土佐勤王党に137番目に加盟
138 ■ 古沢迂郎 ・古沢迂郎 - 土佐勤王党に138番目に加盟
・武市半平太邸・道場跡
・岩神主一郎 - 土佐勤王党に134番目に加盟 【東京都】 
139 ■ 橋本鉄猪(大橋慎) ・赤土峠 - 佐川勤王五士達の「脱藩志士集合之地」碑
140 ■ 土方左平 ・九如園 - 旧・佐川深尾家家臣土方家の庭
141   ■ 那須盛馬(片岡源馬) ・那須盛馬 - 土佐勤王党に141番目に加盟
・赤土峠 - 佐川勤王五士達の「脱藩志士集合之地」碑
・片岡利和邸跡 - 土佐勤王党、陸援隊志、明治24年千島列島を探検
142 ■ 掘見久庵
143 ■ 清岡治之助 ・清岡治之助屋敷跡 - 野根山二十三志士の副首領
・野根山二十三烈士の墓 - 武市瑞山の釈放を求め刑場の露と消える
・岡本寧浦塾舎跡
・野根山二十三烈士殉節の地 - 藩は一度の取り調べもせず極刑に処す
・清岡公張 - 野根山殉難二十三士の首領・清岡道之助の弟 【東京都】
144 ■ 阿部多司馬 ・武市瑞山墓 - 武士としての誇りと、藩主に対する忠誠の間で
145 ■ 小畑孫次郎(美稲) ・小畑美稲(孫次郎) - 土佐勤王党に145番目に加盟 【東京都】
・小畑孫三郎 - 土佐勤王党に22番目に加盟
146 ■ 久松喜代馬 ・久松喜代馬 - 土佐勤王党に146番目に加盟、井上佐一郎殺害で処刑
・山田町獄舎 - 土佐勤王党と薫的和尚に関わる
147 ■ 松山深蔵 ・能勢達太郎生誕地碑 - 禁門の変では敗れ天王山で自刃
148 ■ 田辺豪次郎
149 ■ 高松太郎(坂本 直) ・坂本直 - 高松太郎として活躍後、維新後、龍馬の家督を継ぐ
・高松順蔵邸跡 - 坂本龍馬の長姉・千鶴さんの嫁ぎ先 
・神戸海軍操練所跡碑【兵庫県】
150  ■ 柏原禎吉  ・野根山二十三烈士殉節の地 - 藩は一度の取り調べもせず極刑に処す
・野根山二十三烈士の墓 - 武市瑞山の釈放を求め刑場の露と消える 
151 ■ 筒井米吉(清興) ・維新の志士顕彰碑 - 和食出身の勤王の志士たち
・筒井米吉 - 土佐勤王党に151番目に加盟
152 ■ 五十嵐幾之助 ・五十嵐文吉 - 武市瑞山は師と慕い、投獄後の前後処理を託される
・五十嵐幾之助(敬之) - 土佐勤王党に152番目に加盟 
153 ■ 佐井寅次郎 ・佐井寅次郎 - 土佐勤王党に153番目に加盟
154 ■ 川田貞七
155 ■ 堀内賢之助
156 ■ 山本喜三之助 ・山本喜三之進 - 土佐勤王党に156番目に加盟
・山田町獄舎 - 土佐勤王党と薫的和尚に関わる
・武市瑞山・殉節之碑 - 吉田東洋暗殺への関与は誰も認めず!
157 ■ 平井収二郎 ・平井家墓所墓前祭 - 収二郎の墓所に両親の墓を移設完了
・山田町獄舎 - 土佐勤王党と薫的和尚に関わる
・池田糸(以登)墓 - 平井収二郎・加尾の叔母さん
・平井収二郎辞世の句碑 - 龍馬、加尾への気遣いも
・平井収二郎・加尾邸跡 - 収二郎が元服の儀式に使った井戸
・山田橋番所跡・獄舎跡 - 岡田以蔵や平井収二郎らの非業の地
・妹は「竜馬がゆく」お田鶴様のモデル - 平井収二郎墓所
・平井収次郎・加尾生誕地 - ”加尾”は「竜馬がゆく」お田鶴様のモデル
158 ■ 森助太郎 ・森助太郎為政 - 土佐勤王党に158番目に加盟
・竹村東野墓 - 塾生に中岡慎太郎・大石圓・宮地宜蔵ら・・・
・岡本寧浦 - 私塾を開き多くの志士たちにも影響を与える
・嶺南社香長学校跡 - 元・土佐勤王党の池知退蔵・大石円 ・森新太郎らが創る
159 ■ 森田金三郎 ・山田町獄舎 - 土佐勤王党と薫的和尚に関わる
160 ■ 中平保太郎 ・楠山庄助墓所 - 少年時代に通った楠山塾の師匠
161  ■ 三原兎弥太  ・会津若松西軍墓地 2 - 故郷遠き会津若松に眠る土佐藩兵49名
・三原兎弥太正矩 - 土佐勤王党に158番目に加盟、会津若松で戦死
162 ■ 岡本八之助 ・山田町獄舎 - 土佐勤王党と薫的和尚に関わる
・武市瑞山・殉節之碑 - 吉田東洋暗殺への関与は誰も認めず!
163 ■ 上田宗児 ・山崎久三郎と妻・富 - 夫婦で勤王に尽くし天誅組には家財を持って応援
164 ■ 坂本栄十郎
165 ■ 浪越薫(千磯) ・浪越千磯 - 土佐勤王党に165番目に加盟
166 ■ 服部東蔵雅正 ・服部東蔵の父の墓 - 服部東蔵は土佐勤王党に166番目に加盟
167 ■ 川田乙四郎
168 ■ 吉本平之助
169 ■ 楠瀬六衛直樹 ・楠瀬六衛直樹 - 土佐勤王党に169番目に加盟
・長寿院西軍墓地 2 - 故郷遠き白河に眠る土佐藩兵18名
170 ■ 都賀田文八
171 ■ 安岡覚之助 ・安岡覚之助 - 土佐勤王党171番目の血盟同志、戊辰会津若松戦で戦死
・安岡嘉助 - 吉田東洋暗殺後脱藩し天誅組の挙兵に参加する
・安岡道太郎 - 安岡三兄弟の三男
・山北両烈士の碑 - 安岡覚之助、嘉助兄弟
・会津若松西軍墓地 2 - 故郷遠き会津若松に眠る土佐藩兵49名 
172 ■ 上岡胆治 ・吉村虎太郎の銅像 
173 ■ 弘光明之助
174 ■ 田所駒吉
175 ■ 岡甫助
176 ■ 島村左伝次 ・服部東蔵の父の墓 - 服部東蔵は土佐勤王党に166番目に加盟
177 ■ 西山平馬
178 ■ 池知退蔵 ・池知退蔵 - 土佐勤王党に178番目に加盟
・会津若松西軍墓地 1 - 会津戦争で亡くなった土佐藩兵49名が眠る 
・嶺南社香長学校跡 - 元・土佐勤王党の池知退蔵・大石円 ・森新太郎らが創る
179 ■ 安東真之助 ・間崎滄浪(哲馬)邸跡 - 青蓮院宮令旨事件で投獄
・能勢達太郎生誕地碑 - 禁門の変では敗れ天王山で自刃
180 ■ 島村外内 ・島村寿之助 - 土佐勤王党に18番目に加盟し、武市半平太の参謀役
181 ■ 岡本猪之助
182 ■ 安岡金馬 ・安岡金馬顕彰碑 - 坂本龍馬の海援隊にも参加
・維新の志士顕彰碑 - 和食出身の勤王の志士たち  
・安岡金馬の父九代目・安岡忠郷の墓 - 庄屋職を務めよった 
183 ■ 足達行蔵 ・足立行蔵 - 土佐勤王党に183番目に加盟
184 ■ 細木核太郎 ・細木核太郎 - 土佐勤王党に184番目に加盟
・中島興市郎 - 国境まで脱藩するも足を痛め追っ手に囲まれ自害
185 ■ 楠目民五郎
186 ■ 一瀬源兵衛 ・一瀬孫之進 - 土佐勤王党に186番目に加盟した一瀬源兵衛の父
・島村寿之助 - 土佐勤王党に18番目に加盟し、武市半平太の参謀役 
187 ■ 岡本滝馬
188 ■ 森下幾馬 ・大和殉難烈士之碑 - 維新の礎・天誅組壊滅
189 ■ 宮地宜蔵 ・竹村東野墓 - 塾生に中岡慎太郎・大石圓・宮地宜蔵ら・・・
・間崎滄浪(哲馬)邸跡 - 青蓮院宮令旨事件で投獄
190 ■ 山田三蔵
191 ■ 庄村良達
192 ■ 西村広蔵
関 連 場 所 ■ 土佐勤皇党血盟者同志名碑 ・土佐勤皇党血盟者と同志人名の碑 - 龍馬、九番目に参加
■ 南海忠烈碑 ・南海忠烈碑 - 土佐勤王党の功績を讃え
そ の 他 ■ 本人の名を直接・間接的に記述した記事を記載しちょりますと共に、記事中に名が無くとも関連事項からも関連付けちょります。
inserted by FC2 system