■ 名 前 ■ 投 稿 記 事
池田屋で闘死 享年28歳 ■ 石川潤次郎 ・北添佶磨記念碑 - 新撰組に襲われ池田屋騒動で散る
・望月亀弥太墓 - 龍馬の蝦夷開拓の夢の前に、池田屋騒動で自刀 
- ■ 伊藤弘長
- ■ 越智正之
享年30歳 ■ 北添佶摩 ・北添佶磨記念碑 - 新撰組に襲われ池田屋騒動で散る
・北添佶磨邸跡と誕生地碑 - 龍馬と蝦夷地開拓の話を・・・ 
・小松小太郎 - 龍馬の指示で北添佶摩らと蝦夷に渡るが函館で病死  
・望月亀弥太墓 - 龍馬の蝦夷開拓の夢の前に、池田屋騒動で自刀 
脱出後自刃  享年27歳 ■ 望月亀弥太  ・望月亀弥太邸跡 - 池田屋事件に遭遇
・望月亀弥太墓 - 龍馬の蝦夷開拓の夢の前に、池田屋騒動で自刀 
池田屋付近を通りかかり三条小橋で負傷後自刃
あるいは大坂土佐藩邸に送られた後死亡とも
享年21歳 ■ 藤崎八郎
池田屋付近を通りかかり三条小橋で負傷後
長州藩邸で自刃   
享年19歳    ■ 野老山吾吉郎    ・野老山吾吉郎 - 池田屋騒動に巻き込まれ深手を負い自刀
・野老山吾吉郎顕彰碑 - 元治元年祇園祭の宵々山に池田屋騒動起こる
・維新の志士顕彰碑 - 和食出身の勤王の志士たち
   
事件の場所   ■ 池田屋 ・池田屋騒動之址 【京都府】
  
  • 元治元年(1864)6月5日(7月8日)に、京都三条小橋の旅館・池田屋に潜伏していた長州藩・土佐藩などの尊王攘夷派志士を、京都守護職配下の治安維持組織である新選組が襲撃した事件。
inserted by FC2 system